うつ病であるかどうかのチェックは自分でも行うことができます

気づくことも重要

うつ病チェックの利用方法

2人の医師

うつ病の患者数は年々増加傾向にあると言えます。どのような種類のうつ病であれ、患者にはある特有の症状が現れます。その症状とは、朝起きることができなかったり体が鉛のように重く感じられることです。またストレスを感じると不眠症になったり、何事に対してもやる気が持てないことなどです。うつ病かもしれないと思ったら、一度チェックしてみることをおすすめします。このようなチェックはインターネットで簡単に受けてみることができます。あるチェックでは17項目の質問が行われ、憂うつな気分が続く期間や喜びを感じる日、やる気や食欲、不眠などに関する質問などが行われます。一度自宅で簡単に受けられるチェックを受けてから、うつ病の可能性が高ければ医療機関へ受診することをおすすめします。

うつ病の可能性をチェックすることができるサービスは、インターネット上にいくつもあります。このようなチェックサービスにはいくつもの種類があるため、できるだけ信頼性が高いものを選ぶ必要があります。チェックサービスの中には、アメリカ精神医学会の診断基準に基づいた本格的なものもあります。このようなチェックサービスはほとんどの場合ネット上で無料で受けることができる、たいへん便利なものです。ただしこのようなチェックサービスはうつ病であるかどうかを確定するものではなく、可能性のみをチェックするものであることを忘れてはいけません。うつ病である可能性が高いという結果が出れば、医療機関にて医師の診断を受ける必要があります。