判断が難しい症状 | うつ病であるかどうかのチェックは自分でも行うことができます

うつ病であるかどうかのチェックは自分でも行うことができます

判断が難しい症状

チェックが難しいうつも

難しい顔の女性

うつ病には、様々な種類が存在しておりますが、中にはチェックが難しいものが存在しています。 例えば仮面うつ病と呼ばれるものがあります。抑鬱症状を伴うよりも先に、身体的な異常があらわれるタイプのうつ病です。これはチェックが難しいとされていますが、内科検診にて異常が確認できない場合、光トポグラフィー検査というものを受けて見られても良いかもわかりません。 光トポグラフィー検査は、脳の前頭前野の部分に、近赤外光を当てて、血液量の変化をパターンを計測する検査で、うつ病を数値的にチェックできると言われています。

ほかにも難しいうつ病が

仮面うつ病のほかにも難しいうつ病があります。 それは新型うつ病と呼ばれるもので、これは抑鬱状態で身体的かつ心理的苦痛は伴うものですが、回復する意欲が本人に欠けている状態、言い換えれば、その症状から本人がなんらかの利益を得ている状態を指すといわれています。 この場合は、例え数値的にチェックすることが出来なくても、うつ病と診断せざるを得ないと言えるでしょう。なぜなら、本人の身体が動かず、心理的苦痛も伴っているからです。 この場合は、本人の意欲が回復するのを待たざるを得ません。もしくは、認知行動療法や、なにか本人のモチベーションを高めるイベントなどが必要と言えるでしょう。新型うつ病とは、現代的が生んだ病と言えるでしょう。