うつ病であるかどうかのチェックは自分でも行うことができます

うつ病かなと思ったらご相談ください

サイトと医師の活用

早めの対処が重要です

笑顔の医師

うつ病は自分で気付きにくい病気のひとつですので、知らず知らずのうちに悪化しやすい病気でもあります。 自分で気付くことができた場合であっても、仕事が忙しくてなかなか医療機関へかかる暇がないなどの理由から、受診が遅れてしまうこともあります。 また、医療機関を利用することに抵抗を感じてしまうと、なかなか足が進まないものです。 そのような場合に、たいへん役立つサイトがあります。 パソコンやスマートフォンから、気軽にアクセスすることができる「うつ病診断サイト」です。 診断の種類も様々ありますし、医療機関が提供している信頼度の高い診断サイトもありますので、これらをぜひ利用してまずは自分で簡易的なチェックをしてみて下さい。

うつ病の診断サイトでチェックを行った結果、もしもうつ病である可能性が高いという診断結果になった場合は、できるだけ早急に医療機関で診察を受けて下さい。 精神科に抵抗がある場合は、心療内科でも心の病気を専門的に扱っていますので、まずは心療内科へ受診してみることもおすすめです。 これらの医療機関では、診断サイトよりも精密な診断や検査を行いますので、更に詳しく症状をチェックすることができます。 本当にうつ病であるのかどうかや、うつ病の種類などもチェックすることができます。 うつ病は放置していればしているほど、どんどん悪化していく傾向にある病気です。 悪化していきますと、悲観的になったり自殺願望が引き起こされるなど、重度の症状になっていく可能性もあります。 ですから、早めに医師に相談して頂くことが最善なのです。

ピックアップ

判断が難しい症状

難しい顔の女性

うつ病に適用できるチェックの中には、一見して判断が難しい症状を訴える患者の状況を明確に判断できるものもあります。仮面うつ病等の場合特に有用性が高い、光トポグラフィー検査がその一例です。

More...

最終的に身体へ影響

背中に手を添える

うつ病のチェックを怠って症状を看過してしまっていると、最終的に身体へ影響するという問題が指摘されています。早めに診察を受けて治療するべきだといわれるのには、このような事情も関わっています。

More...

気づくことも重要

2人の医師

うつ病をチェックすると言っても、自覚症状に気づけなければ意味がありません。一般的な自覚症状を知るだけでも、問題を回避する結果につながると心得るのが大切です。それが、治療の第一歩です。

More...

インターネットの活用

ネットをする女性

うつ病治療にかかる費用は一回一万円以上かかる事が多いのですが、負担を軽減する仕組みもあるのでそれを使うと三分の一まで減らせる可能性もあります。うつ病チェックは専門医が携わっている物も多く、信頼度が高まっています。

More...

注意しておきたい点

指をさす医師

うつ病をチェックするとき、自己判断で安易な対応をするのは避けておきたいところです。専用のチェックシートがあるため、利用するほうが正しい成果に辿り着けるのは明らかです。

More...

うつになるキッカケ

考える男性

うつ病のチェックを行うべき人の一例として、妊婦は自分の精神状態を図るために活用していきたいところだといわれています。症状が悪化すると従来の対処が使えないこともあるため、早めに対応したいのが理由です。

More...